本文へスキップ

平成30年度衝撃波シンポジウム 平成31年3月5日(火)〜7日(木) 横浜国立大学

会場:横浜国立大学
経済・経営学部講義棟1号館1階

講演案内/セッション一覧SESSIONS & INFO

講演案内

口頭発表


・ 使用言語は、発表、発表資料ともに日本語あるいは英語とします。
・ 講演時間は質疑応答を含めて 20 分(発表15分、質疑5分を標準)です。
・ プロジェクターと接続ケーブル(D-Sub15ピンVGA)は会場で準備します。
・ PCと接続用変換コネクターは各自でご準備ください。


ポスター発表


・ 使用言語は、発表、発表資料ともに日本語あるいは英語とします。
・ ポスター用掲示面の大きさは、A0対応を予定しています。


若手研究者の表彰について


平成30年度衝撃波シンポジウムでは、2019 年 3 月 31 日現在で 32 歳以下の若手研究者を対象として、シンポジウムでの口頭発表およびポスター発表の中から優秀なものに対して、その主たる発表者を表彰します。
(シンポジウム終了後速やかに受賞者を決定し本ホームページへの公開と贈賞を行います。)


セッション一覧

一般講演カテゴリー


今年度は次のカテゴリーに関連する一般セッションを設定しております。
A 衝撃波の反射・回折・屈折・フォーカッシング(衝撃波伝播)
B 凝縮・多相媒体中の衝撃波(固体衝撃波、衝撃・衝突現象、圧縮、凝縮系物理学)
C 極/超音速流と衝撃波(衝撃波と境界層の干渉、衝撃波と渦の干渉、希薄流、非平衡流、高エンタルピー流、超音速噴流、超音速混合)
D 化学反応/爆発を伴う衝撃波(ブラスト波、デトネーション、燃焼、点火、推進)
E 衝撃波現象の医学・生物学への応用(衝撃波の医学、薬学)
F 高速流れおよび衝撃波の可視化・計測(計測技術、流れの可視化)
G その他、衝撃波関連現象


企画セッション(申込受付継続中)




バナースペース

平成30年度衝撃波シンポジウム

〒240-8501
横浜市保土ヶ谷区常盤79−1

横浜国立大学
経済・経営学部講義棟1号館1階